ダイエットをしているみなさん!間違った食事制限はしていませんか?|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

ダイエットをしているみなさん!間違った食事制限はしていませんか?

2019年05月30日

2丁目の整骨院 海野です🤗

もうすぐ夏が来ますね!

この時期は

連休で食べ過ぎた!!!💦 お腹を元に戻したい!

夏に向けて腕や足を細くして可愛い洋服や水着を着たい!!

など、体について色々考えている方も多いでしょう。

そんな頑張っている/これから頑張ろうとしている方の為に2丁目の筋肉お兄さんこと海野がサポートできたらなと思います!🤣

以前、自宅で簡単にできるトレーニング方法を紹介しました。

まだ見ていないという方はこちらをどうぞ‼️

トレーニング→https://www.2choseko.com/2019/04/22/3005/

考え方→https://www.2choseko.com/2019/03/31/2943/

 

今回は、間違った食事制限について説明します。

考え方の記事で、消費カロリー > 摂取カロリーになれば痩せていく話をしました。

しかし、間違った制限は効果が出にくくなったり、リバウンドを引き起こす可能性があります。以下に間違った制限についてまとめます。

 

①「夜はごはんを抜いて野菜だけ食べる

②「1日に2食しか食べない

③「とりあえず食べる量を減らす

 

もし上記3つのような制限をしてダイエットしている方はすぐやめてください。

なぜダメなのかそれぞれ解説していきます。

 

〜解説〜

①「夜はごはんを抜いて野菜だけ食べる」

ヘルシーで一見良い食事のように思えますが、タンパク質と糖質(とくにブドウ糖)がありません。

ビタミンは摂取出来ますが、体を構成するタンパク質がないと、筋肉が痩せて消費しない体になり、逆に太りやすい体になってしまいます。

ブドウ糖は、唯一脳のエネルギーになるものです。これが不足すると、糖新生と呼ばれる体の一部を糖に変える体の反応が起こります。

これではせっかく体を作りかえようとしているのに良くありません。

 

②「1日に2食しか食べない」

体に入ってくるエネルギーが少ないと、飢餓状態となり省エネモードに入ります。

これではかえって消費カロリーが減ってしまい、ダイエットの原則である(消費カロリー > 摂取カロリー)に反してしまう恐れがあります。

それと、①でも伝えた状態になります。

 

③「とりあえず食べる量を減らす」

よくやってしまいそうな事ですね💦

ただ単に摂取カロリーを抑えたら良いという訳にはいきません。

①や②の解説にもありますが、生きる為に体は反応を起こします。

体重は減少しますが、一時的なものです。長い目で見て良くないのは明らかです。

 

〜まとめ〜

食事制限はただ『食事の量を減らす』ことではないと分かったと思います。

体にとって必要な事は、いかに要らないものを除くかが重要です。

せっかく運動したり、大好きな食事を我慢してダイエットしようとしているのに、間違えたままだと、成果に繋がらず辞めてしまいます。

一度食事の内容を見直してみてみましょう!

とくに筋肉お兄さんが提案するのは

タンパク質やブドウ糖、ビタミンなどの体に必要なものはしっかり摂りましょう!(当然お菓子やジュース類は控える)

です!!

最初はお菓子やジュースなどを辞めるのは大変だと思いますが、筋肉お兄さんもこのブログを見ている方も

あなたを応援しています!

みんなで今年の夏は心身ともに良い状態で夏を過ごしましょう😊✨

正しく入力してください

正しく入力してください

ページトップへ