梅雨|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

梅雨は太る!?

2017年07月06日

梅雨で家から出なくなってご飯食べて

寝てゴロゴロするから

梅雨は太るらしいです(船越談)

あと、湿気によって体が膨らんで

大きくなるみたいですよ!

おそらく梅雨のせいで船越は太った?

と聞かれることが多くなった気がしました(´∀`*)笑

 

 

 

 

では前回の続き!

梅雨になるとムチウチが痛くなったり

怪我してるとこが痛くなるのはなぜ?

という話でしたね!

 

梅雨に限らず、雨が降る時は

気圧が「低気圧」になります。

この「低気圧」っていうのは

山の頂上とかで気圧が低い状態と似ています。

 

そこで、こんな話を聞いたことはないでしょうか?

山に登る時にポテトチップスなど、密封された袋に入った物を持って

頂上まで登った時、ポテトチップスの袋はパンパンに膨れてしまいますよーという話です。

これは、気圧が関係していて

高気圧である平地よりも低気圧の山頂の方が気圧が低い為、

袋が膨らむのです!

 

我々の細胞も袋のように膜で密封された状態であり

低気圧になると

細胞が膨張してしまうという説があります。

それが一度怪我をした組織の細胞だった場合、

傷ついた細胞が膨張する為に痛みが出るのではないか?

と言われております。

 

いくら二丁目の整骨院のゴッドハンドをしても

気圧を操作することはできません(-_-;)笑

しかし、細胞を刺激して膨張した組織を緩めたり

循環を良くすることによって

改善することはできます^^

 

なので、雨が降った時こそ

足元は悪いですがメンテナンスすることをオススメ致します

ページトップへ