スポーツ外傷 第③弾|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

           

【受付時間】 月~金:9:00~21:00
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

外傷で多い 足の裏の痛み=足底筋膜炎

2016年07月01日

※2016年7月1日の記事を再編集しております。

皆さんこんにちは!

2丁目の整骨院 海野です🤗

 

次の項目で当てはまる方は是非読んでください!!

 

日常生活などで

長時間、長距離のウォーキングをする方

長時間、長距離のランニングをする方

扁平足(へんぺいそく)な方

床が硬い場所で足裏に衝撃を与える運動をする方(バレーボール、バスケットボールなど)

長時間の立ち仕事をする方

 

足の裏が痛くなった事ってありませんか??

それは足底=足裏の筋肉に負担がかかる事で起きる足底筋膜炎(そくていきんまくえん)になっているかもしれません。

 

~足底筋膜炎とは~

踵(かかと)から足趾の付け根に走る足底筋膜(そくていきんまく)という広い帯状の結合組織が、

何らかの影響で炎症を起こしてしまう事です。

⇩よく痛くなるポイントです。

image

痛みを我慢していると、この結合組織が踵を引っ張って繰り返し刺激する事によって、

骨棘(こつきょく)や踵骨棘(しょうこつきょく)と呼ばれる踵に棘(とげ)の形をした骨が形成されることがあります。

さらに痛みを無視し続けると踵骨の疲労骨折へと発展しかねません…。



~2丁目の整骨院でやっている事~

①姿勢が崩れる事で痛みが出る場合と、そうではない場合があるので、それぞれ検査をします。

②姿勢を分析して、姿勢の影響なのかチェックします。

③姿勢が原因だった場合

体の歪み体を支える筋肉があるのかさらに検査します!

 

④姿勢じゃない場合

→足底筋膜は踵に付着します。ふくらはぎの筋肉もアキレス腱となって踵に付着しており密接な関係にあります。

ふくらはぎの筋肉がトラブルを起こしていると、負担がかかり足底筋膜にまで影響します。

そこで、ふくらはぎや足底に問題がないか電気機器やエコーを使って検査していきます。

 

検査を詳しく行う事で、通常よりも早期で回復が望めます!

▪️運動頑張っている方

▪️足底が痛いけれど、どうしたらいいかわからない方

 

ぜひご相談ください!

あなたの症状に合わせて、最高の状態に出来るよう全力でサポートさせて頂きます‼️✨

正しく入力してください

正しく入力してください

 

 

 

ページトップへ