ヘルニアってどうやって治るの?|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

           

【受付時間】 月~金:9:00~21:00
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

腰痛にお悩みの方、FMT療法をご存知ですか??

2016年03月14日

※2016年3月14日のブログを再編集しております。

前回の記事で椎間板ヘルニアに、FMTを使って施術するというものを紹介しました。

FMTというものがなんなのか分からない方が多いと思うので、説明していきます!

ちなみに前回の記事はこちら⏬

椎間板ヘルニアについてhttps://www.2choseko.com/2016/03/07/175/

 

〜FMTとは〜

腰痛がある方の体(主に腰部)を宙に「浮かした状態」にして運動療法を行う全く新しい治療法です!

さて、ではどのように腰を浮かした状態にするのか?

 

image

患者様が椅子に座って上半身をベルトで固定し、下肢を吊った状態にします。椅子を降ろすことにより、体を宙に浮かし、腰にかかる上半身の圧を除去(除圧)し腰痛をケアできる医療機器です。

除圧状態を作りだすことで、腰痛治療では効果が高いとされる早期の運動療法を積極的に行うことができるようになりますので、とても楽になります。

 

〜症状が悪化している方〜

患者様の状態によっては、足の痺れなどの症状も合併している事があります。

そんな方には、ハイボルテージと呼ばれる高電圧の電気治療器を併用すると、改善された方もいます。

このハイボルテージは、硬くなった筋肉や興奮した神経に高電圧の電気を流し、深部まで浸透する事で疼痛の緩和や

治癒を促進・ケアが出来る機器です。

ただし、ペースメーカーなど体に機械が入っている方は使用できませんのでご了承ください。

 

〜ケアの対象となる症状〜

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・椎間関節性腰痛・腰を前や後ろに倒したり捻ったりする運動制限など様々な症状に対応しております!

 

是非、腰痛で悩む方は「2丁目の整骨院」へお越し下さい*\(^o^)/*

 

 

 

正しく入力してください

正しく入力してください

ページトップへ