スポーツ外傷第②弾|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

シンスプリントって??

2016年06月08日


※2016年06月08日のブログを再編集をしております

 

こんにちは!

2丁目の整骨院 海野です🤗

季節もだんだん寒さを増していき、学校のクラブ活動も徐々に体力作りの為に走る事が多くなってきております。

僕が以前トレーナーの学校に通っていた時、毎日3キロくらい、うち週に1回7〜8キロを走っていました。

走り方が悪かったのでアキレス腱を痛めてしまったのです。

しかし、とくに治療する事もなく治るだろうと放置して、慢性化してしまいました💦

 

少し話が逸れてしまいましたが…(^^;;

走る事が多くなると、とくに下腿(膝から足首まで)に起きる痛みが増える事でしょう。

それはシンスプリントといいます。

特に走る競技に多いとされる外傷で、当院では陸上、テニス、バスケットボールの選手がよく相談に来ます。

原因は、筋肉に繰り返し負荷がかかる筋肉の間違った使い方により筋肉が異常を起こします。
筋肉の中でもとくに後脛骨筋(こうけいこつきん)が異常を起こすと言われています。

↑後脛骨筋(ふくらはぎの奥の筋肉)の図 アトラスより参照

 

〜原因〜

この筋肉が繰り返し負荷を受けて硬くなることで下腿前面(すね)に痛みが出ます。

初期症状としては運動中の痛みや違和感があり安静にしていると痛くないのが特徴です。

痛みや違和感を放置したまま練習していると、後脛骨筋が付着している骨に影響して、疲労骨折まで発展するとても厄介なものです。

 

〜2丁目の整骨院でやっていること〜

 当院では手技よる施術と深部にある筋肉の為、鍼治療・電気治療・超音波を勧めています!
実は先ほど述べた原因で、筋肉が繰り返し負荷を受けて固くなる理由に姿勢が前かがみになっている事も挙げられます。

それは足で体を支えている分繰り返し負荷がかかっているからなのです。

当院では姿勢チェックも行なっているので、姿勢改善も図りながら施術を行っております。

実際姿勢改善を行っている患者様からだいぶ楽になり、走りやすくなったとの声も頂いております!

           🔺原因に対して効いているような響く感覚ですが、痛くありません!

 

✅運動時にすねに不快感・うずくような痛みがある

✅すねの内側がとくに痛い

✅安静にしてたら痛くない

 

このような症状が現れた方はシンスプリントの可能性が高いです。

チェック項目にもあるように安静にしてたら痛みがないのが特徴です。

安静にしても痛みがないので治ったと錯覚するので絶対に放置しないでください!

 

筋力トレーニングやスタミナを強化するだけが体力作りではありません。

酷使した体を気遣ってケアするのも大事で、早めの処置が早期回復になります。

 

これまで痛みによって練習を我慢したり、ライバルに差をつけられてしまう焦りや大会に出られず悔しい思いをする選手がいました。

そうならないために私たちは全力でサポートしています。

何事も軽視せずすぐご相談下さい!

 

正しく入力してください

正しく入力してください

 

ページトップへ