一流の筋肉の使い方|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

一流の筋肉の使い方

2018年04月11日

どうも!

一流の料理をニ人分以上食べる、

女性モデル三人分の体重を誇るフナコシです(゚∀゚)

 

 

 

今週から2丁目へ復帰した僕が皆様に頂く言葉。

「おかえり」

ではなく

「また大きくなった?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鋭い。笑

うちの患者様は目がよろしいようで( ̄▽ ̄)笑

 

 

 

今回の内容は

「一流の筋肉の使い方」です。

 

どんなスポーツでも、プロとアマチュアがありますが

絶対的な違いは

筋肉をどれくらい上手く使えるか。

が重要だと思います。

 

 

まずは筋肉量がある程度発達した状態であり

それを使いこなせるか。

それを安定して引き出すのが

「フォーム」ですよね。

 

フォームが安定していれば、自ずと最高と最低の差が少なくなるので

失敗が減り、成功が増えていきます。

 

そのフォームを崩さないようにする筋肉は

体幹」がキーポイントです。

 

4本の手脚が伸びる体幹がもし弱ければ

フォームは安定せずに、結果も安定しません。

 

 

体幹は体幹でも、大切な筋肉があります。

それが腰から下腹部にかけ、股関節を貫く

腸腰筋」です。

 

腸腰筋を鍛えることによって、怪我をすることも減り

パフォーマンスを上げる事ができます!

 

そしてこの腸腰筋は内臓とも密接な関係をもっており

女性は月経痛などの原因にもなります!

 

 

 

この腸腰筋ですが、ヨガなどを週3回行って鍛えようとしても

なんと3年間もかかるのです( ・∇・)

 

 

気が遠くなる( ̄▽ ̄)

 

 

しかし、当院のEMSはなんと3ヶ月で鍛える事が出来るので

早くパフォーマンスを上げたい。

痛みをなくしたい。

そんな方へお勧めさせていただいております。

 

EMSが少しでも気になる方はぜひお問い合わせください!

正しく入力してください

正しく入力してください

ページトップへ