その「痛み」放っておくと…?|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

「痛み」はどうするのが正解?

2017年07月26日

どうも、最近アイスがやめられないフナコシです!

 

ちなみにクーリッシュが食べやすくて好きです(≧∀≦)

 

 

 

 

 

今回は「痛み」のお話しです。

 

痛み、すなわち疼痛は運動のパフォーマンスを下げるほかに、さらなるマッスルインバランスを引き起こし、疼痛の遷延が引き起こされます。

今回は、
疼痛機序と疼痛がどの段階にあるのかの評価についてです。

一般的な疼痛の機序を説明します。

 

 

 

 

 

 

まず、皮膚などの末梢組織に『痛み』刺激が加わると、その刺激が一次侵害受容ニューロンによって脊髄後角に伝えられます。

 

 

その刺激は、さらに脊髄に存在する介在ニューロン、脊髄前角に存在するα運動ニューロンと伝えられ、最終的に筋に伝わり、筋収縮していきます。

 

さらに『痛み』により筋肉が持続的に収縮すると、その部分は血管が圧迫され、血流減少による酸素欠乏や栄養障害となり、さらに乳酸の蓄積も生じ、アシドーシス(酸性)となります。

 

 

すると、障害部位の細胞から、ブラジキニンをはじめとした発痛物質などが産生され、新たな『痛み』が生じます。

 

また、交感神経(活動時・ストレス時・緊張時に興奮する自律神経)

も同時に興奮すると、血管が収縮し、さらに血流が減少してしまいます。

すると、前述の血流減少による障害に拍車をかけることになり、『痛み』の悪循環に陥ります。

 

以上の負の悪循環をざっくり言うと

疼痛→知覚神経の興奮→交換神経及び運動神経の興奮→血管収縮・筋硬直→末梢血流障害→
組織酸素欠乏・代謝産物蓄積→発痛物質の産生→疼痛→…の繰り返し

となります。

 

やみくもに、筋硬直がある部位を治療し筋緊張を取り除いたとしても、根本的な疼痛の原因が知覚神経の興奮によるものだとしたら、また疼痛が再発してしまうのは容易に想像が付きます。

 

なので当院では外傷性の痛みがあるものは

まずアイシングにて知覚神経・疼痛感覚を緩和・遮断することをオススメいたします^_^

ページトップへ