松原で腰痛と言えば…2丁目の整骨院!!!|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

松原で腰痛と言えば…2丁目の整骨院!!と言われれように…

2017年03月31日

今回は宮川の担当日ですね(^_^)

 

前回に引き続き腰痛のことについて書いてきましょう!

 

 

今日は1の2、骨や椎間板の劣化・変形によるものについて書いていきますよー(^o^)

 

 

2、骨や椎間板の劣化・変形によるもの

 

 

○椎間板症

 

椎間板が押しつぶされたり亀裂が入った状態。病状が進行すると椎間板ヘルニアになることがあります!

 

《どんな症状?》
腰に痛みや重さ、だるさを感じたり…
前かがみになった時に特に腰が痛む。

 
《どんな原因で?》
腰を使い続けたり、一度に大きな負荷をかけたり、歳をとることなどによる「椎間板の老化」でなります!

 

 

○腰椎椎間板ヘルニア

 

椎間板が押しつぶされ、中にあるゼリー状の物質(髄核)が外に飛び出した状態のこと。

 

《どんな症状?》
腰の急な激痛(急性型)、鈍い腰痛がしつこく続く(慢性型)、足やお尻のしびれ。
前かがみになると痛みやしびれが強まらことが多い。

 
《どんな原因で?》
加齢や腰への負担の蓄積などによる「椎間板の老化」でなります!

 

 

 

○腰部脊柱管狭窄症

 

背骨の内側の神経の通り道「脊柱管」が狭くなり、神経が圧迫される障害のこと。

 

《どんな症状?》
足の痛みやしびれ。一度に長い距離を歩けない(間欠跛行)。
腰を後ろに反らすと痛みやしびれが増し、前かがみになると楽になる。

 
《どんな原因で?》
加齢・病気・ケガなどによって腰椎の骨や靭帯が変形し、脊柱管を圧迫などで起こります。

 

 

 

○腰椎分離症・すべり症

 

椎骨を支える椎間関節が骨折して分離したり、分離したことで椎骨が前方にずれる障害のこと。

 

《どんな症状?》
腰が疲れる、だるい、重い、鈍い痛みを感じたり
腰を後ろに反らせた時や、長時間立ち続けたり、激しいスポーツや重労働をした時に痛みが強まります。
スポーツをする20歳以下の成長期の若者、特に10~14歳の子どもに多く見られます。

 
《どんな原因で?》
椎間関節の骨折。若者の場合は激しい運動が原因で、中年層の場合は組織の老化が原因で骨折することがあります。

 

 

まだまだ沢山ありますが今回はこれにて!

次回もこの続きを書いていきます。

次はどの症状を描こうかなー(^ν^)

ありがとうございました( ^ω^ )

 

ページトップへ