秋の食中毒!!ここに注意( ¯ω¯ )|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

秋の食中毒!!ここに注意( ¯ω¯ )

2017年11月09日

こんばんは☆。.:*・゜
今日の担当は寺かなです(o・ω-人)

 

今日の内容は食中毒です!!!

 

あれ??食中毒って夏に多い
イメージが…いやいや食中毒は
夏だけではありません( ˙-˙ )
実は秋にも多く発生しています!!
秋の食中毒はどのように罹患し、
また防ぐためにはどうすればよいの
でしょうか…また子供が発症した
場合の注意点などについて書いて
行きたいと思います…♪*゚

 

 

夏バテで抜けずに免疫力の低下!?

 

気温や湿度が高い夏に食中毒は
多くなると思われがちです!!
しかし、意外にも、食中毒が最も
多く発生しているのは9~11月に
かけての時期です(・д・。)

 

その理由のひとつに、この時期の
免疫力低下が挙げられます!!
近年、酷暑が続いている影響などで、
9月に入っても夏バテを引きずり、
体力が低下している人は少なく
ありません↓↓

さらに秋に入ると気温は低下し、
その温度差に体がうまく適応できず、
体調を崩しやすくなります。
このことが、秋に食中毒が発生しやすく
なると考えられますヽ(。・ω・。)ノ

 

 

 

野外調理での加熱不足原因!?

 

また、行楽シーズンである秋は、
野外での食事の機会が多くなります。
例えば、キャンプやバーベキュー、
ピクニック、運動会などです( ´・ω・`)

 

特に野外での調理の際、加熱が
足りない場合は食中毒の原因菌を
十分に殺菌できず、発症のリスクが
高まります!!!
また、気温や湿度が高い状態が続くと、
弁当の中で雑菌が繁殖し、食中毒を
起こす原因になります(-_-)

 

また子供が食中毒を起こした場合…

 

子供の食中毒は重症化しやすく、

特に脱水に気をつける必要があります。

下痢や嘔吐など、食中毒の症状が

見られたら、湯冷ましなどを30分~1時間

おきに与えるなどして脱水を防ぎ、

早めに医療機関で診てもらって下さい!!

 

 

 

次回は秋に繁殖しやすい食中毒の菌

とその対策を書きたいと思います^^)ノ

よかったら見て下さいね!!!

 

 

 

本日も最後まで読んで頂きありがとう

ございました«٩(*´ ꒳ `*)۶»

以上寺かなでした☆。.:*・゜

 

 

ページトップへ