栄養はええようー!|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

栄養はええようー!

2017年11月01日

どうも!

栄養過多、愛情不足のフナコシです!!

 

 

今日は解毒作用のある食材について!

 

解毒作用を持つ食べもの
医食同源という言葉そのままに、解毒作用を持つ食材はたくさんあります。

しかも、どれも特殊なものではありません。ただ、農薬が使われている野菜は、野菜みずからの解毒のために、収穫時までに解毒に有効な物質を使い果たしてしまいます。

ですから無農薬や自然農の野菜を厳選したいものです。

また、次に見るように解毒作用が期待できる加工食品もありますが、

これも昔ながらの作り方で、

本物の材料を使ったものでないと意味がありません。

これらの前提を踏まえて、解毒作用のある食材をざっと紹介しておきましょう。

・玄米……玄米に含まれるイノシトール、ガンマオリザノールは、

体内の解毒器官である肝臓の働きを強めます。

放射性物質の中和、解毒に効果的ともいわれています。

 

 

・梅干し……梅干しに豊富な天然由来のクエン酸は、化学物質や放射能の解毒効果が認められています。

天然塩を使って漬けられ、できれば熟成されたものを選びます。

・たくあん、ぬか漬け……腸内細菌の働きを高める乳酸菌が豊富な発酵食品。

たくあんは、天然塩を使用して天日干しで作られたものを選びます。

ぬか漬けは、無農薬の米のぬかと天然塩を使ったぬか床に、旬の野菜を漬けたものを選びます。

・納豆……納豆菌も、腸内細菌の働きを高めます。遺伝子組み換えでない豆を使い、できれば昔ながらの手法で発酵させた、食品添加物不用のものを選びます。

・根菜類(自然薯、ねぎ、らっきょう)……自然の硫黄を含み、放射能の解毒に効果的です。

・海藻……10センチ角の昆布1枚で、被爆に使用されるヨウ素1錠分に相当します。

・香草……しょうが、にんにく、しそ、みょうがなど、香りの強い野菜は総じて解毒作用が期待できます。とくにパクチーは脂肪燃焼力も強く、脂肪を入れ替えて解毒するのに効果的な香草です。

・はと麦……はと麦に含まれているヨクイニンには解毒作用があり、漢方薬としても使われています。

・スギナ茶、緑茶……双方ともに豊富なミネラルやビタミンを含有し、疾患率が下がるというデータもあります。緑茶などは農薬基準が世界一高いので、無農薬のものを可能な限り選びましょう。

野菜をたくさん食べると健康にいいといわれるのは、

野菜がビタミン、ミネラルの重要な補給源であるほか、

人体が消化、吸収できない食物繊維が、大腸をきれいにするからでもあります。

また草には肉や魚にはない植物固有の栄養素があります。

必須栄養素だけであれば肉や魚の方がはるかに多いので、

栄養素の摂取には質の良い肉や魚を、

解毒や固有栄養素や食物繊維や微生物の摂取には植物性の食品を、

それぞれ考えてみるとよいでしょう。

ページトップへ