梅雨、襲来。|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

梅雨、襲来。

2017年06月28日

どうも!願いが叶うなら

ラーメンを食べても太らなくなりたい

フナコシです(´∀`*)

 

 

 

 

 

今週から、曇ったり雨がポツポツしたりで

ケガをされている患者様が痛みを訴えられる方が多いです。

 

なので本日は雨の日に、痛みが強くなる・ケガをした所が疼く理由をお伝え致します^^

 

 

 

なぜ雨が降ると痛みが出るのか?

一つは湿気により、皮膚上に水分が多く含まれて「冷える」ことが多くなるからです。

この蒸し暑い季節は、特に関節周りに汗をかいてクーラーの効いた涼しい部屋にダーイブ!

することが増えますよね(^-^)

 

 

すると、ケガをしている場所・過去にケガをした場所が冷えて

血流が悪くなり、細胞が酸素不足になり

細胞が発痛物質を出して、脳に血流を流せーと指令を出すんですね(´∀`*)

 

発痛物質が出された場所に痛みを感じた人間は

「いたたたっ!

あっでも、なんか動かしたり、ストレッチしたら楽なるやん!」

てな感じで血流を良くすると治るのですd( ̄  ̄)

 

 

もう一つは、月末の仕事が溜まりまくってるので

次週お伝え致します╰(*´︶`*)╯笑

ページトップへ