スポーツ外傷でも2丁目の整骨院に|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

スポーツ外傷でも2丁目の整骨院に

2017年05月31日

土曜日に院長先生含め5人のスタッフの誕生会がありました!

一年って早いですね!

 

名刺入れをプレゼントして喜んでおりました!

 

さて、前回は野球肘の簡単な説明をさせていただきました。

今回はそれぞれに対して深く掘り下げていきたいと思います。

1番多い内側に対して説明したいと思います。

まずどういう原理で発生するのか。

投げる時に腕は強く外側に引っ張られる力がかかる。

その力に対し筋肉が収縮・靭帯が引っ張るストレスが肘の内側へかかる為と言われる。

症状として、腫れや痛み、軽度の肘の曲げ伸ばしに障害が現れる。

投げる動作で痛みがあり、ひどい時は裂離骨折(筋肉や靭帯に引っ張られ付いているところの骨が欠けてしまう骨折)も招くため、少しでも身に覚えがあれば、相談ください。

 

「怪我によって選手人生を諦めて欲しくない!」

院長の信念のもと、スタッフ一同しっかりサポートさせていただきます。

松原市 2丁目の整骨院 スタッフ

海野 心矢

 

ページトップへ