腰痛なら二丁目に!|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

腰痛なら二丁目に!

2017年05月12日

 

 

今日のブログ担当は宮川でございます( ̄^ ̄)ゞ

 

 

皆さんゴールデンウィークはどうお過ごしでしたか?

 

私はお酒をたくさん飲めたゴールデンウィークになりました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )笑

 

バーベキューやら飲み会やら🍻

 

 

では、前回の続きで…

っゆってもだいぶ昔になってしまいますが。。。

 

 

2、神経の障害について書いていきます!!

 

1.腰まわりの神経について!!!

 

○腰痛を引き起こす「坐骨神経痛」

 

腰に起こる神経痛といえば、一般的に坐骨神経痛のことを指します!!
椎間板ヘルニアなどの腰の障害の影響で、坐骨神経が強く圧迫されたり、圧迫が続いて炎症がを起きることで痛みが生じます。

 

お尻から足先に向かって伸びており、腰から太もも、足先まで広い範囲の知覚をつかさどっています。そのため多くの場合、お尻や足の痛み・しびれも伴います。

 

 

○より重篤な症状がみられる「馬尾症状」

 

神経は体の各部の運動のシグナル、温度の感覚、触覚などの知覚も支配しています。そのため、特に脊髄や馬尾神経などの中枢神経が障害されると、痛みのほかに体の機能障害や感覚障害も現れます。

 

坐骨神経は馬尾神経と呼ばれる神経の束から分岐したものです。この馬尾神経が障害された場合、坐骨神経痛よりも重い症状が現れます。これらを馬尾症状といいます。

 

 

・両足のしびれや麻痺
・両足の筋力低下(足に力が入らない、つま先立ちできないなど)
・歩行障害(一度に長く歩けない、または全く歩けない)
・足の裏の感覚や腱反射の鈍り

・排尿・排便障害(尿が出にくい、失禁、頻尿、慢性的な便秘など)

などなどあります(^○^)

 

 

今回も長くなりそうなのでこれまでにします!!

 

また次回続きをしていきますね(・ω・)ノ

 

ではでは、今回はこれにて!

ありがとうございました( ^ω^ )

ページトップへ