松原で腰痛=2丁目!?|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

松原で腰痛=2丁目!?

2017年04月07日

本日は宮川の担当の日です!

 

 

松原で腰痛と言えば2丁目の整骨院って浸透するのにまだまだ時間がかかりますね……笑

 

 

前回に引き続き1の2、骨や椎間板の劣化・変形によるものについて書いていきますね(^o^)

 

 

 

○変形性腰椎症(変形性脊椎症)

 

腰部の背骨(腰椎)が加齢などで変形したもののこと。

 

 

【どんな症状?】
腰がだるい、重い、鈍い痛みを感じたり…
腰を後ろに反らせた時や、動作の始まりや疲れた時に痛みが強まります。
入浴中は症状がとても和らぎ、
加齢にともなう老化現象であります。

 

【どんな原因で?】
加齢や長年の腰への負担によって骨が変形し、神経などの周辺組織を刺激し発症。

 

 

 

 

○変形性股関節症

 

股関節の骨や軟骨がすり減ったり変形したりして痛みを引き起こす病気のこと。

 

【どんな症状?】
股関節、腰、お尻、太もも、ひざなどの痛みや違和感。ひどくなると安静時でも痛むことがあります。
股関節の動きが悪く、曲げ伸ばしがやりにくい。

痛みで足を引きつって歩くことがある。

 

【どんな原因で?】
股関節の病気やケガ。若い頃に股関節の異常や病気を経験し、大人になってから後遺症として発症するケースが多い。

 

 

 

○脊椎側弯症(脊柱側弯症)

 

通背骨(脊椎)が左右に歪んて曲がってしまう病気のこと。

 

【どんな症状?】
腰や背中の痛み。
背中を後ろから見た時に、背骨が左右に曲がっていたり、左右の肩・背中・腰の高さが違ったりする。

 

【どんな原因で?】
姿勢の悪さ、筋肉の発育不良、肥満、椎間板ヘルニアなどの病気など。原因不明のものは成長期の子どもに多い。

 

 

次回に続く……

 

 

さて、今回はこれぐらいにしましょう(^^)

色々書いて文字が多くなると読むのめんどくさくなりますもんね!笑

 

 

ではでは今回はこれにて!!!

ありがとうございました( ^ω^ )

ページトップへ