リバウンドを制す者はダイエットを制|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

リバウンドを制す者はダイエットを制

2017年03月15日

どうも、二丁目の整骨院の流川君的存在のフナコシです!

 

 

 

前回の続き、、、というか始まってもいなかったですが

ダイエットのリバウンドについてお話していきましょー!

 

 

 

 

 

まず、みなさんダイエットって何を基準にしていますか?

体重?

体脂肪率?

筋肉量?

はたまた見た目?

 

 

この中でも、最もリバウンドしやすい指標は

「体重」を指標にしている人なんですね(´∀`)

 

 

 

 

えっ?今までのダイエットって何だったの…

と愕然する方も多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

ではなぜ、体重を指標にしすぎると

リバウンドしてしまいやすいのかを解説します!

 

体重を指標にする方は、

文字通り「体の重さ」に焦点を当てすぎてしまっているからなんです。

 

ん?何言うてんねんこのおデブと。

脳みそまでお肉になってしまったのかと。

咳したから風邪引いたんかと心配したら

ノドの肉が詰まっただけやろと。

 

 

お思いの方もいらっしゃるかも知れないので

順を追って説明致します!(笑)

 

 

 

 

体を構成する成分っていうのは

個人差はありますが通常は

水分60%、たんぱく質18%、脂肪18%、鉱物質3.5%、炭水化物0.5%です。

つまり水分が全体の60%を占め、組織はわずか40%にすぎません。
組織の成分比には個人差がありますが、平均的な成人男性の場合、筋40%、内臓と神経24%、骨18%、脂肪18%です。

 

 

女性はこれより筋肉を少なくし、体脂肪が多くなる比率となるのが一般的です。

 

そして体の「水分量」に注目してください!

約60%が水分ですよね!

この水分の量が肝となります。

 

体を構成する筋肉、脂肪にも

「水分は含まれます」

 

 

ということは体から水分が2リットル抜けたら

体重なんて2キロくらい減っちゃうんです。

 

ちなみに、フナコシは胃腸炎になった時、あっという間に減りました。

自分はベイマックスの生まれ変わりなんちゃうかと(笑)

 

 

では次回、正しいダイエットの数値の見方を

説明させていただきます!

ページトップへ