腰の痛み 分離症からの...|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

腰の痛み 分離症からの…

2017年01月10日

これまで腰の痛みで分離症のことを説明してきました。

分離症にはその先がというか、それより悪化した状態があります。

それは

分離すべり症

です。

分離症は関節部分で連続が断たれてしまう状態でそこから支持力を失った骨がどんどんズレていくっというものです。

その他に

 

老化により椎間板や椎間関節の変性による変性すべり症

 

これはとても珍しいケースですが

先天的にもともと形成不全がある先天性すべり症

 

と、種類があります。

 

いずれもズレやすい状態を作ると痛みが出やすいので

生理的湾曲(背骨は横から見るとグネグネ曲がっている この曲がった状態)を崩さないようにしていく事が重要になります。

反り腰は痛みがキツくなるため重要となるのが腸腰筋です!

今回はここまで!

 

松原市上田  2丁目の整骨院

海野 心矢

ページトップへ