膝が…いてぇー…|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

前十字靭帯!後十字靭帯!とは?

2016年12月05日

今日は宮川が書かせて頂こうと思います(^ω^)

 

 

今回は膝の最終章!!前十字靭帯、後十字靭帯損傷の話をしましょう(^O^)

 

前十字靱帯(ACL)は、脛骨が大腿骨に対し前方へ移動しない役割をしている膝の中央にある靭帯(回旋も制御している)です!

 

 

脛骨が大腿骨に対して前方へ移動するため、ジャンプ着地や急な方向転換などを行なった場合、脱臼感を感じます。

 

前十字靱帯がのびたままであると

何度も膝くずれを繰り返し

膝関節の半月板や軟骨が悪化し

痛みや腫れの原因となります。

 

 

後十字靭帯(PCL)は、スポーツで強い衝撃で人と膝がぶつかったり、転倒し硬いコンクリートに脛をぶつける、等が原因で起こります。

 

後十字靭帯が切れたままであっても日常生活やスポーツを支障なく行える方もいます。

 

このような場合には他の部位に損傷がないことを条件に、安静にしてリハビリテーションを行うことで治療とします。

 

と、このように膝の怪我はすごくあります。

怪我を放置せずしっかりと治療をしましょう。

2丁目の整骨院は皆様のサポートをさせていただきます( ̄^ ̄)ゞ

 

ではでは、今回はこれにて!

ありがとうございました( ^ω^ )

ページトップへ