自律神経III|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

自律神経III

2016年11月25日

どもっ!船越です(≧∇≦)

 

今日もさらっと爽やかにみなさんのお役に立てる知識をお伝えして行きます(^.^)

 

 

 

前回の続きで自律神経のお話しですね!

引っ張りすぎですね。笑

 

 

自律神経はホルモンバランスや、持病、ストレス、環境によって大きく左右されるので

感受性の高く、女性は特に影響を受けることになる可能性が高いです。

 

 

自律神経の乱れがあると

次のような症状が出現します!

・頭痛

・動悸

・腰痛、関節痛

・肌荒れ

・肩こり

・イライラ

などの諸症状が出現します。

これは交感神経、副交感神経が不安定になることで引き起こされます。

 

 

 

更に症状が酷くなったりすると内臓機能にも影響が出てくる場合があります。

・めまい

・過呼吸症候群

・パニック障害

・食欲不振

・生理不順、不正出血

・不眠

・下痢、もしくは便秘

・耳鳴り

など様々な症状が出る場合があります。

 

 

 

ここまでいくとかなり辛い症状ですよねー(^_^*)

 

 

 

自律神経が乱れやすい人は因みにこんな人!

・神経質な人

・完璧主義な人

・クヨクヨしやすい人

・我慢強い人

・思ってる事を言えない人

・ストレスが溜まりやすい環境にいる人

・生活が不規則な人

と、生きてるだけでストレスが溜まりそうな人が多い印象ですね(^_^*)笑

 

 

 

ストレスが溜まってるなぁー。。。

って人は当てはまる人が多いんじゃないでしょうか??

 

次回からは自律神経の整え方をレクチャーしていきますね(^^)

 

待ち切れない方は、是非二丁目の整骨院へ相談してみましょう\(^o^)/

 

ページトップへ