高齢者 帯状疱疹|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

高齢者 帯状疱疹

2016年09月27日

こんばんは。

今日は訪問担当の高橋です。

タイトル通り高齢患者の帯状疱疹がちらほらみられます。

身体の左右どちらかの片側に、帯のように水ぶくれ(水疱)の集まりができ、疼痛を伴う病気で帯状疱疹ウイルスの感染で起こります。

知覚神経節に遺伝子の形で潜伏しています。

それが長い期間を経て、ストレスや過労などで身体の抵抗力が低下するとウイルスが再び活動を始め皮膚に現れて炎症を起します。

症状としては神経痛のような痛みが起こりその後赤い発疹ができ次第に水疱に変わります。

病気に気づいたらできるだけ早期に皮膚科を受診してくださいね!

重症化してしまうと入院はさけられない場合もありますので、気になったら早めの受診お願いします。

ページトップへ