菅平合宿から帰宅|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

菅平合宿から帰宅

2016年08月27日

どうも、長野県菅平の合宿から大阪へ帰ってきた船越です!

 

 

 

 

 

 

相変わらず韓国語は話せるようになりませんでしたが

英単語のみの会話でテーピング、治療、笑いが取れるようにはなって帰ってきました(笑)

 

 

 

 

 

今回初めてラグビーチームのトレーナーとして行ってきた訳ですが

やはりラグビーはケガが多いスポーツですねー。

 

 

 

僕が見た選手で多かったのは圧倒的に

「足首」でしたね!

 

普通に捻挫したり…もありますが

タックルで足を取られたり

倒れた後足に乗られたり

など怪我をしやすい場所なので

練習、試合前はテーピングの列ができていました(^_^;)

 

 

 

 

 

合宿期間は11日間もあったので

来日する前から歩くのもままならぬ選手がいましたが

毎日の治療によって、ランニングできるまで回復したり

ずっと前から股関節の痛みを訴えていた選手が

痛みが改善し、トライを決め、試合のMVPプレイヤーに選ばれたり

自分にも感動を与えられました。

 

そしてそういった選手が

僕のことを年齢的にも近いので

兄のように慕ってくれたり

信頼してくれるのは

治療家として、人間として嬉しいものですね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

合宿の帯同最後の試合はアクシデントもあって

試合が中断し

そのまま終了となってしまいました。

 

 

 

 

 

今回の合宿では、日本男児の僕と韓国から来たラガーマン達と

言葉が分からぬとも、心と心が通じ合えば

友情が芽生えるものなんだと

実感出来たひとときでした(^^)

 

 

 

 

日本と韓国は政治的な問題で仲違いをしていて

彼らはもしかしたら日本のことをあまり好んでいないんじゃないかと思いました。

 

しかし延世大学の学生、コーチ、監督は

日本人である僕のことを温かく迎えてくれました!

 

 

こうやって小さなところから良い関係を築いていって

やがて僕らがおっさんになった時には日本と韓国が国同士で

仲良くすることが出来たら良いのになあと思いました。

 

彼らがもっと素晴らしいプレイヤー、チームになっていく間に

僕もまた彼らを上へと押し上げられる

治療家にならないとダメですね(≧∇≦)

 

image

ページトップへ