オスグッド・シュラッター病|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

オスグッド・シュラッター病

2016年03月23日

※2016年3月23日のブログを再編集しております

 

サッカーで切り返そうとする時やバスケでジャンプしようとする際に痛みがある方!!!

 

今日は、

オスグッド・シュラッター病」について記載していこうと思います(^^)

 

私自身オスグッド・シュラッター病になったことがあり、動くだけでも痛かったのを覚えております…

その時は野球をしてたのですが走りたくありませんでした!笑

 

 

オスグッド・シュラッター病って?

image

 

 

成長期の骨の柔らかい時期に激しいスポーツをしている少年・少女に多い症状です!

主に膝のお皿の下辺りに痛みが出てくるのが特徴ですね。

 

ほって置くと徐々に膝下の骨が突出してしまいます!!


骨が出過ぎてしまうと正座ができなくなり手術が必要になることもあります。

 

 

どうして「オスグッド」になるの?

 

成長期はまだ骨が柔らかい段階であり、

スポーツでの繰り返し動作(ラン・ステップ・ジャンプ)によって

太腿の大きな筋肉「大腿四頭筋」が骨の付着部を引っ張って骨を剥がしてしまう症状です!

症状が進行してしまうと、長期の休養・治療が必要になります。

 

 

治療法は?

 

私の治療の経験から、

体の硬い子、ストレッチなどのケアが不十分な子がほとんどです。

 

それらのケアが不十分だと、いくら練習を休んでも治癒しないケースが多いです。

 

なぜなら、骨を引っ張っているのは筋肉で

その筋肉の緊張を取り除いてあげないと

筋肉は骨を引っ張り続けてしまうからです。

 

引っ張られ続けると炎症が現れます。

それを抑えるのにはアイシングが大切です。

 

痛みが出るということは炎症が起きている状態です。

 

予防するにはまず、

・運動後にはしっかりアイシングをする。

・ストレッチ、マッサージでで太ももの筋肉を伸ばす

これをすることがとても大事です。

当たり前のことをしっかり継続出来るように意識をしていきましょう!

 

 

 

当院では、

骨折、骨癒合の促進により治癒期間を最大40%短縮する

「オステオトロン」という機械を導入しており

オスグッド・シュラッター病などの長期間の治療が必要な方にも

嬉しい月額制も取り入れております(^^)

 


オステオトロンだけでなくハイボルテージという痛みに即効性がある機械もあります。

 

高電圧の刺激を深部に伝えることができ、痛みの軽減や治癒促進がある機械になります!!

 

 

 

当院治療方針では

痛みを早く取るのにハイボルテージを使います。

患部だけでなくその周りに電気を当てて行きます!

 

オステオトロンにて癒合を促進し、

手技治療、ストレッチにて筋・筋膜の緊張を緩めることで

より早い競技への復帰を応援しております。

ページトップへ