ヘルニアってどうやって治るの?|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

ヘルニアってどうやって治るの?

2016年03月14日

前回に引き続き、椎間板ヘルニアについて記述します!

 

前回の記事に出てきた、「FMT」を詳しく紹介しようと思います♪

 

「FMT」は「Floating Manipulative Therapy」の略で

要は、腰痛がある方の体(主に腰部)を宙に

「浮かした状態」

にして運動療法を行う全く新しい治療法です!

 

さて、ではどのように腰を無重力状態にするのか?

 

そこで、当院にも導入している専用医療機器「プロテック」でございます(≧∇≦)

 

image

 

腰痛治療器プロテックとは…
腰痛治療器プロテックは患者様が椅子に座ったまま上半身を抱え、下肢を吊った状態にし、椅子を降ろすことにより、体を宙に浮かしたのと同じように、腰にかかる上半身の重みを除去し腰痛を一時的に緩和させることができる医療機器です。
腰痛が緩和された状態を作りだすことで、腰痛治療では効果が高いとされる早期の運動療法を積極的に行うことができるようになり、手術が必要だとされた方でも、手術を行わずに日常生活が過ごせるまで改善した例もあります。

 

そんな専用の治療機器があるのは、大阪でも数少ないです(^^)

 

椎間板ヘルニア以外にも、脊柱管狭窄症、椎間関節性腰痛など、様々な疾患にも対応しております!

 

是非、腰痛で悩む方は

「二丁目の整骨院」へお越し下さい*\(^o^)/*

正しく入力してください

正しく入力してください

ページトップへ