歩く姿勢 足ってどう使う??|スポーツ外傷・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み・肉離れ・むちうち・交通事故治療・美容鍼灸、など大阪府松原市の「2丁目の整骨院」へご相談ください。

ケガ・身体の痛み・スポーツ外傷・交通事故治療なら大阪府松原市の2丁目の整骨院

予約優先制

0722847550

FACEBOOK

【受付時間】 月~金:8:30~20:30
「河内松原」駅より徒歩3分

ブログ

歩く姿勢 足ってどう使う??

2016年03月11日

(この記事は公開日から1年以上が経過しています。)

今回は足の使い方を説明していきます!

歩くとき足の事気にしてますか?

 

改めて確認しながら歩いてみてください!

 

 

指先はまっすぐ向け

 

 

かかと 足の裏 つま先

image

 

の順番で着地し、地面を蹴り次に移ります。

これを左右行うことで歩くことが出来ます。

つま先を外側や内側向けてると力がうまく伝わらないため、

足首やお尻などの筋肉に負担がかかり、

アキレス腱、膝や腰を痛める原因になったりします!

 

 

そして、履いている靴によってこの姿勢が崩れることもあります!

 

 

女性の場合ヒールを履くことが多いです。

ヒールだと常につま先立ちの状態で歩いていますので

かかとから着地出来ず正しい歩き方が出来ません!

これでは足の裏・足首・膝や股関節、足元が不安定なので腰や首・肩まで影響します。

 

それと、足に密着していないスリッパ等もよくありません。

脱げないように擦って歩くため、かかとから着地することが難しくなります!

 

 

ぜひこういうところに気をつけて頂き、

負担をかけない体にしていきましょう(^ ^)

海野 心矢

正しく入力してください

正しく入力してください

ページトップへ